メニュー

緑内障の治療

緑内障とは、視神経が一般よりも早く傷んでしまうことでおこる病気です。病気が進行すると視野が狭くなっていきますが、自覚症状が現れにくい病気でもあり、気づいた時には、もうかなり進行しているということもあります。早期に診断を受けることが重要な病気です。

治療について

緑内障の治療は、眼圧を下げることを基本にしています。点眼薬での治療やレーザーによる手術、外科的な手術があります。まずは、検査をして、治療方針を検討して治療方法を決めます。

一度失った視野を取り戻すことができない病気ですので、40歳を超えたら、定期的に眼圧検査・眼底検査・視野検査などの検査することをお勧めします。

当院では静的視野検査、動的視野検査の2種類の視野検査が可能です。

また最先端のOCTという機器を用いて視神経の層の厚さを計測し、緑内障の程度を正確に把握することが可能です。

点眼治療が基本ですが、点眼では十分に眼圧が下がらない場合は必要に応じて手術を行います。

近年、眼への負担がとても少ないMIGS(minimum invasive glaucoma surgery)という手術が普及してきており当院でもご相談に応じます。より大規模な手術が必要な場合は連携先病院(松江日赤病院や島根大学病院)に適切にご紹介します。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME