メニュー

網膜静脈閉塞症

網膜静脈閉塞症は、網膜の血管の静脈が詰まる病気です。静脈が詰まってしまった部分の網膜の血の巡りがうっ滞し、出血します。(眼底出血)

網膜の中心部である黄斑部に水が貯まる、浮腫をきたすとこもあります。(黄斑浮腫)

網膜の静脈の本幹が詰まる網膜中心静脈閉塞症と、枝分かれした静脈が詰まる網膜静脈分枝閉塞症があります。

ある日、全体的に見えにくくなったり、視野の一部が見えにくくなったりする症状で発症します。

黄斑浮腫を合併すると視力が低下し、歪んでみえたりします。

発生の要因として

  • 高血圧
  • 動脈硬化
  • 炎症     
  • 血液の固まりやすさの異常
  • 低用量ピルの内服        などが考えられています。

治療について

黄斑浮腫を伴う場合は、抗VEGF薬を眼内に投与します。

血の巡りが極端に悪い領域が広範囲に広がっている場合や慢性化し、毛細血管瘤が黄斑浮腫の原因になっている場合はレーザー治療を行うこともあります。

当院では、光干渉断層血管撮影(OCTA)や広角蛍光眼底造影検査(FA)を駆使し、病態に応じた治療を行います。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME