メニュー

糖尿病網膜症の治療

糖尿病網膜症によって、毎年約2千人ほどが社会的に失明していると言われています。

治療について

糖尿病網膜症は糖尿病の合併症の一つですので、血糖値のコントロールが病気の進行を防ぐ有効な治療になります。また、レーザーによる治療や、観血的手術による治療もあります。糖尿病によって網膜の中心部(黄斑)がむくむ病気を糖尿病黄斑浮腫と言います。黄斑浮腫に対しては抗VEGF薬を眼内に投与する治療法があります。

当院では最新のOCTという機器を用いて黄斑浮腫を正確に把握し、抗VEGF薬を眼内に投与する治療を日帰りで行なっております。

またOCTアンギオグラフィというテクノロジーを駆使し、造影剤を使用することなく網膜の虚血を判定し、必要に応じてレーザー治療を行なっております。

また、硝子体出血や牽引性網膜剥離など病状が進行した場合は硝子体手術が必要になります。

病状の程度に応じて入院が必要な場合は島根大学病院や松江日赤などの病院にご紹介致します。

糖尿病網膜症は、病気が進行しても自覚症状がほとんどない場合があります。検査で症状が見られなかったからといって、定期的な検診を怠るケースがあります。その場合は、知らないうちに、かなり進行していることがあります。定期的な検診を受け、日々の健康管理をしっかりすることが最善の治療といえます。

初期の段階で適切に対処することで視力を維持できることが多いため定期健診が非常に重要です。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME