メニュー

白内障の治療

白内障とは、目の中にある水晶体(レンズの役割をしています)が黄白色や茶褐色ににごり、視力が低下して物がかすんだり、ぼやけて見えたりするようになる病気です。白内障で一番多い原因は、加齢によるものです。特別な原因がなくても年齢とともに誰にでも起こります。

白内障の場合、下記のような自覚症状となって現れることがあります

  • ものがかすんで見える
  • まぶしくなる
  • ものが二重、三重に見える
  • めがねやコンタクトで調整しても、文字などが読みづらい
  • 目が疲れやすい
  • 色が鮮やかに見えない
  • 裸眼での視力が不安定である

白内障の治療

各種検査によって、白内障の有無、程度を診断いたします。手術が必要な場合は、術前検査を行い、日程をご相談します。

通常緊急性のある手術ではありませんので、全身疾患の治療や旅行など大事な予定が控えている場合は、落ち着いた時期に手術を受けることをお勧めします。

運転免許更新期限が迫っているなどの事情がある場合はなるべく早めに手術が受けられるよう考慮しますのでご相談下さい。

通常日帰りで手術を行います。火曜日の午前中に来院頂き、午後に手術、翌日の午前中に診察に来て頂きます。

点眼麻酔で2〜3mmの切開創から混濁した水晶体を除去し、眼内レンズを挿入します。

通常痛みはありませんが、もし痛みを感じる場合は麻酔を追加します。

遠方にお住まいの方、入院での手術をご希望の方は連携先病院へのご紹介も含めご検討いたします。

治療の詳細は日本白内障屈折矯正手術学会のホームページを参照下さい。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME