メニュー

当院の特徴

当院は江戸時代初期から現在に至るまで約380年松江の地域医療に携わってまいりました。

眼科としては明治19年殿町で西川眼科として開業しました。

昭和31年東本町の清水眼科に引き継がれ、昭和60年、清水正紀(現院長)が現在の上乃木にて医療法人茗山会清水眼科を開業し、35周年を迎えました。令和2年には清水啓史(現副院長)が着任しました。

この間、眼科医療は目覚ましく進歩しました。

白内障手術はさらに進化を遂げています。

最新の手術機器を用いて、より短時間で患者さんの負担の少ない手術が可能になりました。

更に眼内レンズも進化し、水晶体混濁を取り除いてクリアな視界にするだけでなく、より質の良い見え方を追求することも可能になりました。

緑内障も点眼薬の選択肢が増え、患者さんごとに合った点眼薬を提供できるようになりました。

また、緑内障手術も以前よりも負担の少ない手術が開発されました。

点眼薬が効きにくい場合や点眼の種類が多すぎて大変な場合には有力な選択肢になるようになりました。

加齢黄斑変性を始めとする黄斑、網膜の疾患も光干渉断層計(OCT)を始めとした新しい検査機器が次々と開発され、患者さんの正確な病状を把握することができるようになりました。

抗VEGF療法など新しい治療も開発され、これまで治療のできなかった難治性の網膜の疾患においても、完全ではありませんが治療が可能になり、より良い視機能が得られるようになってきました。

網膜前膜などで行う硝子体手術は以前は長期入院が必要でしたが現在では日帰りでの手術が可能になりました。

当院では最新の治療を身近に受けて頂けるよう、開院以来機器のアップデートを重ねてきました。2020年に白内障、網膜硝子体手術を数多く手がけてきた副院長(清水啓史)を迎え、更に進化を続けていく所存です。

先代からの医療に携わる姿勢を継承しつつ、「目を大切に」をモットーにこれからもスタッフ一同、患者様の身近で眼科医療を続けていきます。

診療内容

白内障、緑内障、網膜硝子体疾患の診療、手術、コンタクトレンズ、各種検診の精密検査、眼科一般幅広く診療いたします。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME